伊豆の高級旅館 石亭トップEnglish

芸妓について

伝統の遊びに酔い、芸妓の艶に酔い。

芸妓は古くから伝わる遊びでお座敷を盛り上げてくれます。お座敷遊びには色々なものがありますが、代表的なものをご紹介させていただきます。是非、思わず笑いが起こるお座敷遊びを芸妓とともにお楽しみください。


【おまわりさん】
ジャンケンをして、勝った方は太鼓をたたき、負けた方はぐるっと回るゲームです。
【とらとら】
ジェスチャー表現を使ったジャンケンです。和唐内(やりでつく)、虎(よつんばい)、お婆さん(杖をつく)の組み合わせで、和唐内は虎には強いがお婆さんには弱い。虎は、お婆さんには強いが和唐内に弱い。お婆さんは、和唐内に強いが虎には弱い。 このルールで屏風の両側に立って、前進しながら何れかのジェスチャーの格好をして出てきて、勝敗を決めます。
【金比羅船々】
芸妓と向い合い善の上に椀のような道具を真ん中に置き、「金比羅ふねふね」を歌いながら交互に手をのせます。椀を片方が取ったら相手はグー、そのままならパーを出すルールで、間違えたら負けです。
【投扇興(とうせんきょう)】
流派もある伝統的対戦ゲームで、桐箱の台座上に立てられた「蝶」と呼ばれる的へ扇を投擲して、落ちた時の形により得点を算出し競います。
【お遊び】
お座敷の余興の一つとしてお客と芸妓が遊べるお座敷ゲームで負けたら飲む罰杯のルールがあります。 迷惑拳 じゃんけんをして負けた人の隣の人が飲む。
【お開きさん】
二人で向き合い、始めは両足をつけて立ち、ジャンケンで負けるごとに足を開いていき、手を付くかこれ以上は開けないとところで負け。
【東八拳】
「狐」、「鉄砲」 、「庄屋」 の力関係で勝敗を決める!!勝負は3回連続して勝つと1本、3本勝負で2本先取で勝となります。
  • あたみ石亭
  • 桜岡茶寮
  • 修善寺石亭 鬼の栖
  • ゆがわら石亭
トップへ